Acrobat ProfessionalでPDFの開始ビューを設定する方法

Adobe Acrobat 6 Professionalでは、PDFドキュメントの開始ビューを指定できます。 たとえば、ユーザーがドキュメントを開いたときに、AcrobatまたはReaderが3番目のページを50%の倍率で表示し、奇数ページと偶数ページが印刷されたブック形式のように並べて表示されるように指定できます。
PDFドキュメントをAcrobatで開いた状態で、[ファイル]メニューの[ドキュメントのプロパティ]をクリックします。 ドキュメントのプロパティ ダイアログボックスが表示されます。
[初期ビュー]タブを選択します。 初期ビュー オプションが表示されます。
オープニングビューに表示するパネルを指定するには、[ドキュメントオプション]セクションの[表示]ドロップダウンリストからオプションを選択します。 パネルを表示しないか、または しおり ページ 、または レイヤー パネル。
最初のビューのページのレイアウトを指定するには、[ページレイアウト]ドロップダウンリストからオプションを選択します。 単一ページ オプションは単一のページを表示し、 対面 オプションは、印刷されたブック形式でページを表示し、 継続的 オプションは、ページ全体の連続スクロールを有効にします。
最初のビューでページの倍率を指定するには、[倍率]ドロップダウンリストからオプションを選択します。 ページに合わせる オプションは、ドキュメントを拡大して、1ページ(または2つの見開きページ)がドキュメントウィンドウ全体に表示されるようにします。 の 幅に合わせる オプションは、ページの幅がドキュメントウィンドウいっぱいになるようにドキュメントを拡大します。 の 目に見えるフィット このオプションは、ページのコンテンツの幅がドキュメントウィンドウいっぱいになるようにドキュメントを拡大します。ページの境界線の周りの空白は表示されません。
ドキュメントの特定のページを最初のビューに表示するには、[開く]テキストボックスにページ番号を入力します。
[ウィンドウオプション]セクションのチェックボックスをオンにすると、最初のビューでドキュメントウィンドウの動作を指定できます。 ウィンドウのサイズを最初のページに変更 チェックボックスは、ドキュメントウィンドウがまだ最大化されていない場合にのみ、最初のページのサイズに合わせてドキュメントウィンドウのサイズを変更します。 の 画面の中央にウィンドウ ドキュメントウィンドウを画面の中央に配置します。 の 全画面モードで開く チェックボックスをオンにすると、ドキュメントが全画面モードで開きます。 のオプション 公演 ドロップダウンリストを使用すると、ドキュメントウィンドウのタイトルバーにドキュメントタイトルまたはドキュメントファイル名を表示できます。
[ユーザーインターフェイスオプション]セクションのチェックボックスをオンにすると、メニューバー、ツールバー、およびステータスバーのウィンドウコントロールを非表示にできます。 注意: メニューバー、ツールバー、ウィンドウコントロールを非表示にすると、AcrobatまたはReaderのほとんどの機能をドキュメントのユーザーが使用できなくなります。
[OK]をクリックして、[ドキュメントのプロパティ]ダイアログボックスを閉じます。
[ファイル]メニューの[保存]をクリックして、ドキュメントプロパティの変更を保存します。 初期ビューに加えた変更は、次にドキュメントを開いたときに適用されます。
PDFビューアに「初期ビュー」タブがないのはなぜですか?
PDFリーダーを使用している可能性があります。AdobeAcrobat Proを使用する必要があります。
ページの特定の部分でも開くようにできますか?
はい。 ブックマークを作成するときは、表示したい場所にページを配置し、保存するだけです。
Acrobat Professionalでデフォルトのオープニングビュー設定を保存して、コメントツールバーを開いた状態でPDFを自動的に開くにはどうすればよいですか?
すべてのPDFドキュメントの開始ビューを設定します(Adobe Acrobat Pro DCを使用):
まず、ランダムなPDFをいくつか開き、ビューを希望どおりに調整します。
2番目:編集->設定-> [ドキュメント]-> [ドキュメントを再度開いたときに最後のビュー設定を復元する]チェックボックスをオンにします。 「OK」をクリックします。 できました。
tumomentogeek.com © 2020