PCまたはMacでショートカットを使用してExcelに行を挿入する方法

このtumomentogeek.comは、WindowsまたはMacコンピューターでショートカットを使用してExcelに行を挿入する方法を示しています。 Excelスプレッドシートで使用できるキーボードショートカットとカスタムショートカットがあります。

Macでの行の挿入

Macでの行の挿入
Excelスプレッドシートを開きます。 古いものを使用することも、新しいものを作成することもできます。
Macでの行の挿入
行番号をクリックして行を選択します。 シートの左端に行番号が表示されます。 新しい行が選択した行の上に表示されます。
  • 追加するのと同じ数の行を強調表示します。 したがって、1行を追加するには、1行だけを強調表示し、2行を追加するには、2行を強調表示します。
Macでの行の挿入
行を挿入するには、Ctrl + Shift + +キーを同時に入力します。 新しい行が選択した行の上に表示されます。
  • 行を選択していない状態でControl +⇧Shift ++を押すと、機能しません。

Windowsでの行の挿入

Windowsでの行の挿入
Excelスプレッドシートを開きます。 古いものでも新しいものでも使用できます。
Windowsでの行の挿入
行を選択します。 新しい行が選択した行の上に挿入されます。 これは、1つの行を選択した場合にのみ発生します。
  • 追加するのと同じ数の行を強調表示します。 したがって、1行を追加するには、1行だけを強調表示し、2行を追加するには、2行を強調表示します。
Windowsでの行の挿入
行を挿入するには、Ctrl + Shift + +を同時に入力します。 選択した行の上に新しい行が表示されます。
  • このショートカットは、行が選択されている場合にのみ機能します。

クイックアクセスツールバーを使用した行の挿入

クイックアクセスツールバーを使用した行の挿入
Excelを開きます。 アイコンは緑色で、白い「X」が入っています。
クイックアクセスツールバーを使用した行の挿入
Excelドキュメントを開きます。 古いドキュメントでも新しいドキュメントでもかまいません。
クイックアクセスツールバーを使用した行の挿入
[ホーム]タブをクリックします。
クイックアクセスツールバーを使用した行の挿入
行番号をクリックして行を選択します。 シートの左端に行番号が表示されます。
クイックアクセスツールバーを使用した行の挿入
挿入をクリックします。 Excelウィンドウの右上近くにあります。 これにより、選択した行の上に新しい行が自動的に挿入されます。 行の挿入コマンドをショートカットとして保存するには、次のようにします。
  • [行の挿入]を右クリックして、追加のドロップダウンメニューを開きます。
  • [クイックアクセスツールバーに追加]を選択します。 ツールバーに何も追加されていない場合は、次のキーがF4に割り当てられます。 新しい行を追加するときはいつでもF4を押します。
tumomentogeek.com © 2020